BLOG ブログ

1月の公演ありがとうございました。

MAH00223(5)

一月の公演が終了いたしました。
今月から、プライムシアターで稽古ができるようになりました。
そして、
本番は引き続きHACOで行います。

時代劇、初めて作りました。

座り芝居と、寝転がる芝居ですので、
舞台もお客様に見やすいようせり上げました。

ござを畳代わりに。
実家から持ち込みました。

母親に聞いたところ、家に山ほど、着物があるとか。

なんだ、うち、時代劇やる要素いっぱいあるじゃない。

また家の倉庫から、古いものもたくさんあるので探してこないとね。

最後に、
今回の舞台の宣伝、
フェイスブックで何故か初めて、1000View超えました。
見てくれた方ありがとうございます。

女性だけの三人の時代劇。
正直見たこともありません。

女性からの評判が特に良くてほっとしております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ちょっとしたスピンオフを

矢守です。
初日です。お話に少しでも入ってもらえるように、

スピンオフというか、お話の前書きのようなものを、当パンに書かせていただきました。

こちらです。
———————————————
フォートジェニック財団の力によって、
資金と科学力をあたえられた、悪の女性秘密結社「フォートジェニック」は
世にいう、いい女を徹底的にスカウトし、世界征服を企んでいた。
問題があったのは、悪の怪人がみんな美人だったことだ。
悪くていい女に、男は弱かった。徹底的に弱かった。
今や、女子も男子もみんな憧れ、対策は思うように進んでいなかった。
そこで、政府が作り上げた対策が、悪の組織に対抗する
美少女戦隊「フラワーズ」の結成だった。
まずは、養成機関「ひまわり」にて候補生を大募集
厳しい訓練のすえ、5人の女性が選ばれた。
フォートジェニックに対抗する、憧れのヒロインを誕生させるべく
バトルコスチュームのデザインにもこだわった。
……はずだった。
しかし、会議で男たちが考え出したものは、色んな意図やしがらみを孕んで
具現化される。みんな悪気はない。みんな真剣。
そんな衣装が、(衣装って言っちゃった(笑))
選ばれた、フラワーズたちの目の前に、今現れる!

———————————————-

当パンはいつも、手製で作ってます。
印刷屋にお願いする時間と、費用を削減の為です。
1000部くらいなら、美しく印刷屋にお願いした方がいいのですけどね。

代わりに、必ず色つきのスタンプ押してます。
1800円のちょっとした舞台ですが、カラーだぜ!
とか、自己満半分、お客様へちょっとしたお気持ち半分で毎回鋭意作成しております!

一足先に

矢守です。
顔合わせだよー。

2015-08-17 21.42.58

中華屋さん。

安いのここ。
そして結構美味しいの。

お弁当も売ってるの。
一パック350円

安い!だからここで買ってから、コンビニでお弁当買えなくなりました。
他のお弁当屋もしかりです。

えーと何が言いたかったってーと、
顔合わせです。

え?早くない?

タイムスケジュールの訳

モリンチュ事情シリーズは普段劇場公演があるものと
時間が違っていて変則的です。

これには「事情」があります。

モリンチュ事情シリーズは60分のお芝居です。これは……
13時~観ても
15時~の別の舞台に間に合い、
17時~観ても、
19時~の別の舞台にハシゴ出来るよう考慮してあります。
仕事が遅くても、20時~…オススメです。

さあ、どんどん舞台を観ましょう!!

モリンチュ代表 矢守忠彦

レッスルランド~街の詩(うた)~

スピンオフ

オープニングの詩(テキスト化)

ここは、レッスルランド。一人の王が国を治める。
街は皆、
歴史は長いが程よく廃れ、
民は皆、
本を読まずに民度が低い。
人は皆、
気性は荒いが、根は優しい。
忘れてしまえ、忘れてしまえ。
恐ろしかった過去の事。

今日から楽しい三日間。
年に一度のお祭りだ。
復興記念の感謝の日。
4代前の王のもと、迫る敵をば押しのけて、建て直したるは今の国。

ここはもともと激戦地。
幾度幾度と奪われて、奪い返すがその日常。
今でも残るその習わし。
「欲しけりゃめげずに手を伸ばせ

レッスルランドについて

こちらに、歴史を書き連ねてみました。

どうやら…未来の話のようです。

V.F…very far

スピンオフ

◆レッスルランド年表

V.F234 新世界大戦勃発(世界地図が大幅に改変される。)

V.F235 レッスルランドに敵国侵攻 8月 (ハンス・パーニア連合軍が一部占領。)

同235 レッスルの逆襲 12月 (古くからの王国の土地を奪い返す。)

V.F236 新世界大戦終結    (大国による化学兵器使用によるもの。)

これより、レッスルランドは 強い王政のもと、緩やかながらも復興を遂げていく
レッスル王家エル・ド・ノア国王(第12代国王)

V.F270 レッスルランド新国法発令   (レッスル基本宣言の提唱)

V.F271 イストワ・リオ・エル   (
エル・ド・ノア国王の引退を記念日とし、 王国復興の祝日を制定。これより毎年 祝日の三日間でお祭りをしはじめる。)

V.F274 レッスルランド内戦勃発(3か月ののち、王国軍が鎮圧)

V.F275 国議会の修正案発令   (被差別者団体の議会参入)

V.F281 貴族界からの特別徴税   (特権を確保する代わりの大幅納税案)
(これをもって、第13代国王は貴族界からの   反感をかい「失脚」)

第14代ジャン・ジュム・ノア国王は 先代までの、野心的、改革的な手腕に相対し、
保守的で争いの少ない国政をレッスルランドに新たに布(し)いた。

V.F301 第15代国王継承   (第14代国王死去の為)

(V.F296…マーラ誕生  V.F319…本編)

jijyo4 FB

事情シリーズ「サラブレッド…」スピンオフ

舞台本番には、姿を見せない、美津子おばちゃんの話。
先行公開!!!!
スピンオフ ~小説~

橘家の台所にて、
兄弟の6番目、美津子の話。

一番上の兄貴が死んだ。
あっという間に葬儀が終わって、
火葬も無事済ませた。
余りにもあっという間で、
二番目の兄貴が無くなった時のように、
うまく泣けない。年をとったせいだろうか?
突然だったけど驚きはしなかった。
小さいころから、あの兄貴はいつも
どこからともなく現れて、話を聞いてくれる
そして
いつの間にかいなくなる。
七人兄弟の中でも一番不思議な人だった。
年が離れすぎているせいかもしれない。
18年も違えば
バブルとリーマンショックぐらい世代が違う。
見てきたものが違うんだ。
葬式の列席者に出した、お茶の湯飲みを
洗いながらそんなことを考える。
あっ!冷たい。
yjimage
お湯が出なくなった。給湯が古いのかも。
そりゃそうよね、この家も兄さんが買って
30年。私が結婚して隣町の富士野に
越してきたのが、12年…そっか、家を
建てたのは、同じ年齢だったんだなぁ。
あと、18年で兄貴が無くなった年に
なるのか。えー早くない??やっぱり兄貴
亡くなったの早かったんだな…。

さて、お客さんも全部帰ったか。あとは、
末の七尾と、甥っ子たちゆずとあきら…。
両親二人とも死んじゃって、
あの子たち大丈夫かな。
さっき見つけた家の権利書…。
まあなんとかなるか。きっと兄貴のことだ
きっとどこかで助けてくれるでしょ。
さあ、片づけも終わった。眠い眠い。
私も一杯いただいて、横になりましょ。
布団に入ったら、いつもの日課。
今夜もニューヨーク相場が開く…。
yjimage (1)

舞台では、この話とリンクします。
ぜひ劇場へ観に来てください。

モリンチュ事情シリーズ1st
「サラブレッドは前しか見ない」

【スケジュール】

22日(月)20:00(満席)
23日(火・祝)14:00 (満席)/ 17:00(席あります) / 20:00(席あります)

※開場・受付は開演の30分前
※上演時間60分

【会場】
高円寺 HACO
東京都杉並区高円寺南3-69-1

【チケット】
1500円(前売・当日)

【あらすじ】
人には、事情がある。
それぞれの事情が絡みあって、
ドラマが生まれる。
………
姉弟の父が亡くなった。
この家は、
姉弟は、
これからどうするのだろう?
そのとき、ギャンブル好きの弟は、
父の葬儀を終えた晩に

競馬で万馬券を当てる。

【キャスト】
酒井美帆 真野守 今野天一

【脚本・演出】
矢守忠彦
【制作】
モリンチュ
【デザイン】
河住祐二
【協力】
(有)OpenSTAGE
劇団ほぼ無職
株式会社トランスクリプション
WEBマガジン「FUNCTION」