とうとう事情シリーズ最後の台本

「過ぎ去る街の事情」を書き終える事が出来ました‼

これで、来月どんな話を作ろうという永き作業から
解放される事になりました。

正直嬉しくて泣くかと思いましたが、意外とそんな事もありませんでした。

早いスピードで本が書けるようになりたい。

そういう思いのもと、この企画にチャレンジいたしました。

少しはマシな、そして、見ている人に伝わる本が書けるようになったのでしょうか?
とりあえずは、今自分にかける言葉は「お疲れ様。」